2006年07月11日

イタリア優勝!



 W杯がイタリアの優勝で終わりました!

 守りに守って最後に勝ち取ったワールドカップだったなと思います。

 それにしてもイタリアの戦術は本当に胃に悪いです。

 常にボールを持たれジダンやアンリをはじめフランスの猛攻を

 ギリギリでしのいでいました。

 特にトッテイが退いてからは攻撃の方向性がなく帆のない船のように

 何を目指して戦っているのかわからない感じがしました。

 ひたすら守りボールをとると中盤を省略し前線へ放り込むだけで

 まさにカテナチオ状態!

 トッテイをさげた早い段階からイタリアはPK戦にかけていたのでしょうか。

 常に猛攻を仕掛けられていましたが最後の一線で

 カンナバーロが非常に効いていました。

 バレージ(元ミラン)も顔負けの獅子奮迅の活躍でした。

 今回は本当ならトッテイが活躍するはずだったのですが

 大会前の骨折で状態がよくなかったのが残念です。
 

 私のはじまる前の予想とは全く違う展開の大会でした。

 史上最強イングランドも王者ブラジルも負けてしまいました。

 つくづく選手達の実力が紙一重なんだと実感した大会でした。

 トーナメントへ進出したチームはどこもそんなに差がなかったと思います。

 今回たまたまイタリアを幸運の女神が選んだだけだと思います。

 すばらしい試合が本当に多かったです。

 日本代表もいつかトーナメントのギリギリの凌ぎあいに

 参加できるようになればなと思います。 

 本当に4年に1度の夢の祭典だったと思います。


posted by マタリン at 00:05| 東京 ☁| Comment(46) | TrackBack(9) | World Cup | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

いよいよ決勝戦!

 

 W杯もいよいよ決勝戦を残すのみとなりました。

 一応3位決定戦もありますが選手達のモチベーションは低いと思います。

 そういう意味において本気の試合は決勝の1試合のみです。

 今回はベスト4に残ったチームがすべてヨーロッパ勢と

 ヨーロッパのレベルの高さを改めて思い知らされました。

 イタリアは全員、フランスはほとんどが世界3大リーグで活躍する選手です。

 普段から過酷な試合をくぐりぬけてきた熟練のツワモノばかりです。

 実力はほとんど同じなので結果は運次第だと思います。


 個人的にはジダンを最後の最後までみれてよかったです。

 フランスには円熟の選手が多くこの大会を最後に代表引退を

 表明している選手が結構います。

 円熟の選手達が抜けた穴を埋めるのに時間がかかると思います。

 これほどのメンバーはなかなか揃わないので今のチャンスを逃すまいと

 必死になってくると思います。


 イタリアは多くの選手が八百長疑惑のビッグクラブに属していて

 いろいろ雑念があるなかよくここまで団結してこれたなと思います。

 W杯をとってイタリアのイメージを変えて欲しいなと思います。

 トッティもこれを最後に代表引退とささやかれているので

 ぜひぜひ有終の美を飾って欲しいです。


 決勝は4年に一度の夢の祭典のフィナーレにふさわしいゲームに

 なったらなと思います。



posted by マタリン at 00:02| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | World Cup | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

オシム氏就任???



 W杯はベスト4が出揃っていよいよ4試合を残すのみになりました。

 どこが優勝するのだろうとワクワクするのと同時に

 もう閉幕が近づいてきたなと寂しさも感じ始めています。

 日本ではやはり代表が敗退したこともあって

 一時の盛り上がりは去っていった感がします。


 早くも次の日本代表監督の話題が連日伝えられていますが

 どうやらオシム氏が就任するとのこと。

 私自身前にも書きましたがジーコのつまりブラジル流のサッカーを

 展開するのはまだ日本代表にとって早すぎたのだと思います。

 というか永遠に日本の民族性からして受け入れられない

 スタイルだったのだと思います。

 日本は和(規律)を重んじる民族です。

 だからブラジルのようにある程度の強引な(自主的な)プレーができないんだと思います。

 また強引なプレーをして決められるズバ抜けたタレントもいません。

 つまり日本は自由にプレーさせて結果を出すほどの抜けたタレントはいませんが

 それなりの役割を果たす職人肌の選手はいます。

 だからトルシエ回帰ではありませんが

 ヨーロッパ流の組織を重んじるサッカーがあっているのだと思います。

 それならW杯でも予選リーグ突破くらいはできるでしょう。


 しかし優勝はできないと思います。

 やはり優勝国は組織重視のサッカーをしているかどうかに関わらず

 飛びぬけた試合を決定できるタレントを持っています。

 そういう選手が出現するまでは規律を重んじるスタイルが

 日本の民族性にあっているのではないでしょうか。

 抜けた選手を育てるにはやっぱりサッカーではヨーロッパが最先端なので

 どんどんヨーロッパで活躍する選手が増えなければと思います。


 まとめると今の現状ではやはりジーコ流ではなく規律重視の

 ヨーロッパ流が一番結果を残せると思います。

 だからオシム氏就任は妥当だと思います。

 経験豊富ですし日本の選手のこともよく知っていますから・・・。

 彼には将来に希望が持てる代表を作ってくれることを期待したいです!

 ただ高齢なのが心配ですが・・・。


 今日はここまでにします。

 

 
posted by マタリン at 00:59| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | World Cup | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

やっぱりW杯は決定力!?



 ジーコが帰国の途につきました。

 日本と縁を切るつもりはないというような言葉を残して去っていきました。

 91年の来日以来何かと日本をひいきしてくれた

 スーパースターが去っていくのは寂しいです。

 欧州のクラブの監督をするといわれていますが

 またいつか日本に帰ってきて欲しいと思います。


 今日からとうとうW杯も大詰めでベスト8の激突が始ります。

 何かと波乱が起こりやすいサッカーというスポーツにおいて

 この顔ぶれは順調すぎるくらい伝統の大国が残りました。

 ここまでくるとほとんどレベルが同じなのでどこが勝っても

 おかしくありません。

 まさに運次第で決まるんだと思います。


 ここまでみてきて伝統国は負けていったチームと

 何が一番違うか考えると決定力が一番違うと思います。

 面々をみるとトップクラスのストライカーや絶対的な

 攻撃パターンを持ったチームばかりです。

 彼らを観ていると点が入りそうな気配がします。

 ここぞという時にチャンスをモノにできる強さがあるんだと思います。

 W杯のような大舞台でも平然とプレーできる経験があるからだと思います。

 幸いヨーロッパにはチャンピオンズリーグというW杯に似た形式の

 大舞台があるのでチャンスを決めなければ負けるという

 ギリギリの勝負を常にしてきている選手が多いのも大国の強みでしょう。

 簡単にいうとサッカーは点を取ればどんな形でもいいわけです。

 そういう意味において組み立ても何もなく隙があれば

 個人の力で点を取ってしまうストライカーをかかえていれば有利です。

 残ったチームのほとんどはそういう選手を持っています。

 やはり決定力のある国は強いです。

 これからの戦いが楽しみです!


 今日はここまでにします。


posted by マタリン at 23:34| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | World Cup | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

アンドリュー・シェフチェンコ


 以前から出そうと思っていたのですがタイミングを失い出せなかったネタです。

 でも今日で彼のW杯は最後になるかもしれないので

 出しておこうかなと思います。

 ぜひ敗退してもこれから彼にも注目してください!
↓↓↓


 今回はウクライナ代表のシェフチェンコ(シェバ)についてつぶやきます。


 現在世界の3大ストライカーを選ぶとしたらまずはロナウドとアンリは

 誰もが異論はないでしょう。

 3人目は意見が割れるところですが私は我らがミランのシェバを選びたいです。

 ロナウドは怪物的、本能的でアンリが美しく万能型だとすると

 シェバはサイボーグのような選手です。

 トップスピードに入るともはや誰も止めることは不可能で

 長い距離を疾走し強烈なシュートを打ち込みます。

 狭いスペースでも丁寧にあきらめずボールをキープしシュートに持ち込みます。

 たしかにロナウドやアンリに比べるとインパクトはありませんが

 セリエA というストライカーにとって最も難しいといわれるリーグで

 2度得点王を獲っていますし2004年にバロンドールにも輝き

 3大ストライカーに並べて何ら見劣りしません。

 プレーがエゴイスティックだとよく言われますがストライカーという成績が数字で残る

 厳しいポジションにおいて結果を残しているので文句はつけれないでしょう。


 ミラニスタの私にとっては悲しいことですが

 先日シェバがミランからプレミアのチェルシーに移籍することが決まりました。

 代えのきかない選手だけにとても痛いです。

 彼の補償としてロナウドかアンリをもらわないと納得できないです。

 移籍金をいくらもらっても彼ほどの選手を見つけるのは至難の業です。

 シェバはずっとミランにいてくれるものとばかり思っていました・・・。

 ミランが世界のトップクラブの一つでいれるのもシェバが

 いたからだと思います。

 まあ円満移籍なのでチェルシーでの更なる活躍を

 ミランに影響のない範囲で祈りたいと思います。


 ウクライナというまだ生まれたばかりの国の出身なので

 シェバのW杯での勇姿はおそらく永遠に観れないだろうと

 考えていたのですが今回出場権を勝ち取りました。

 おそらくシェバにとって最初で最後のW杯になると思いますが

 これは絶対に観ねば!

 今回はシェバのスピードと狭いエリアも苦にしない起用さ、

 それに正確無比で強烈なシュートに注目です!


 今日はここまでにします。


posted by マタリン at 00:38| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | World Cup | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

脱皮できなかった日本代表

 

 予選最終戦ブラジルに日本は1−4で負けてしまいました。

 W杯の予選リーグ敗退が決まりました。

 悔しいですがこれが今の日本の実力ではないでしょうか・・・。


 02年はベスト16だったのですが当時トルシエ監督は管理サッカーをやっていました。

 攻撃や守備の戦術をこと細かに指示していました。

 簡単にいうと選手達はトルシエの駒として動ける選手でよかった。

 自分の指示を忠実に聞いて実行する選手でよかった。

 下手に想像力あふれるプレーをする選手=中村俊輔選手は

 彼のオプションとしてはいらなかったのです。

 トルシエはどちらかといえば理論派でヨーロッパ的といえるでしょう。

 すべてを組織でまた計算で片付けようとするタイプでしょう。

 実際その方が結果を出すのが早いと思います。


 しかしジーコは違った。

 管理サッカーをすればベスト16くらいまでは行けるでしょう。

 でも一流国を相手にするには想像力が必要だと考え選手達に

 自分達で考えプレーすることを求めました。

 つまり管理サッカーからの脱皮をはかったわけです。
 
 まさにブラジル的発想ですね。

 こうしろと細かく指示するのでなく局面局面で自分達の判断によって戦うわけです。

 丸く戦術の駒におさめて選手の個性を打ち消すより

 個人の能力を最大限生かしたいとジーコは考えたんだと思います。

 こういう戦術は個々の力が抜けている場合に有効です。

 戦術によって攻めると功を奏して点を取れるかもしれませんがワンパターンに

 陥りがちで読まれて対処されてしまうことが多いでしょう。

 その局面を打開するために一流国と渡り合うために

 ジーコは想像力を求めたんだと思います。


 まとめると今回ジーコは脱管理サッカーを目指したわけです。

 いうなればもう1ランク上のサッカーを目指したのでしょう。

 結果的には日本でジーコのサッカーは失敗しました。

 日本代表は脱皮できませんでした。


 理由としてはまだ脱皮できるレベルに選手達が達していないのも

 あるかもしれませんがそれ以上に日本民族のメンタリティに理由があると思います。

 脱皮はブラジル人のジーコが日本民族のメンタリティを変えようとした

 壮大な挑戦だったと思います。


 今日はここまでにします。



posted by マタリン at 01:07| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | World Cup | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

クロアチア戦

 

 予選リーグ第2戦のクロアチア対日本がスコアレスドローに終わりました。


 感想からいって第1戦のオーストラリアのできはよかったな

 つまりオーストラリアは強かったとしみじみ思いました。

 今回はオーストラリア戦と比べて日本代表はボールをキープしたし

 ある程度パスもまわせていたと思います。

 しかし日本特有というかきれいにつなごうとしすぎて

 またクロアチアも最後のラインではしっかり守ってきて

 なかなかフィニッシュまで持ち込めなかったと思います。

 中田選手もロングシュート以外に攻め手がなかったと

 インタビューで言っていました。

 何度か決定機もありましたが決めれなかったのも痛かった・・・。

 しかしあぶない時間帯(ラスト15分くらい)もきりぬけ

 何とかドローに持ち込みました。


 はっきりいって予選突破は次戦ブラジルを残すのみの

 日本にとって計算上は絶望的だといえるでしょう。

 しかし野球のWBC優勝の時なんてもっと絶望的状況から

 優勝しました。

 サッカーはもっと最後まで何が起こるかわからないスポーツだと思います。

 おまけに今回まだブラジルは手をつけられないほど

 攻撃が炸裂していません。

 ロナウドはじめ攻撃陣には次戦までこのまま眠っていてもらいたいものです。

 可能性があるかぎり選手の方達には最善を尽くして欲しいです。

 そうしたら奇跡がおこるかな?

 
 今日はここまでにします。


posted by マタリン at 01:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | World Cup | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

マラドーナの再来!?


 今アルゼンチン対セリビア・モンテネグロの試合が終わりました。

 6−0の大勝でした!

 はやい段階からアルゼンチンがリードし何だかアルゼンチンの

 お祭りのようなゲームでした。

 はっきり言って強いしそれより面白かったです。

 やっぱりパスがつながる試合は本当に面白いですね。


 その中で世界中の期待を背負っている選手がW杯デビューしました。

 メッシです。

 18歳ですがアルゼンチン特有の人をくったほど冷静で

 ボディバランスに優れたドリブルを武器にしています。

 確かにすごいですが過剰な期待は禁物です!


 現代表にもデビュー当時アイマール、リケルメ、テベスと

 マラドーナの再来と言われ期待されました。

 彼らには失礼ですがマラドーナほど跳びぬけた選手にはなっていません。

 それは彼らのレベルがマラドーナより低いのではなくて

 サッカーのグローバル化に原因があると思います。

 もうペレやマラドーナのような選手は現れないと思います。

 それくらいサッカーとは世界的にレベルアップしたスポーツだと思います。

 どの選手もサッカー選手としてもう進化しつくしているレベルに達しているので

 個人個人にレベルの差がつかないんだと思います。

 戦術も論じつくされ有名選手にはスペースを与えてくれません。

 メッシがどんな選手になるかはわかりませんがマラドーナのような

 跳びぬけた選手にはならないでしょう。

 もう古きよき時代は終わったのです。

 逆に言えば昔なら神のようなプレーを現代の選手は

 当たり前にやっているんだと思います。

 だからといってペレやマラドーナがすごくないわけではありません。

 現代選手が摂取している栄養やトレーニングをやるとつまり同条件で

 育つとやっぱりすごい選手になっていると思います。

 ペレやマラドーナは敬われてしかるべきプレーヤーでした。


 話しは脱線しましたが人々は神を望みますが

 現代サッカーにおいてはみんな紙一重なので

 つまりサッカー選手も人間だということを忘れずに

 みなければならないと思います。

 ましてや才能があふれているといっても

 まだプロキャリア数年のメッシに過重な期待を

 寄せるのは危険だと思います。

 過剰なマネーゲームの餌食に巻き込まず

 大事に大事に才能を育てて欲しいと思います。


 今日はここまでにします。


posted by マタリン at 01:08| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | World Cup | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

日本代表初戦敗戦!

 日本代表が初戦のオーストラリア戦を落としてしまいました・・・。


 1失点する前の後半30分までは何とか丁寧に戦っていました。

 中澤選手もほぼ完璧にヴィドゥカ選手を抑えていました。

 ただ1失点目のスローインで川口選手が飛び出した時

 いやな予感がしました。(←あくまで個人的な勘です。)

 失点してしまいました・・・。

 そこから集中力がみんな切れてしまった感がありました。

 初戦を絶対にとらないといけないとみんなわかっていたので

 失望感が大きかったんだと思います。


 それにしてもオーストラリアは思ったよりだいぶ強かったです。

 とにかくチェックがはやくスペースを与えてくれず

 ボールをキープできなかったのが痛かったです。

 そのためボールを追いかける時間が増えてスタミナを

 使わされ同点ゴールにつながってしまったんだと思います。

 敗因は試合の主導権を握れなかったことにあるかな・・・。


 今日は初戦ということもありまた早いうちからリードしたこともあるのか

 戦い方にどこかまだ余裕があったように思います。

 決めて欲しいチャンスも何度かありました。


 もう負けてしまったので結果は変わりません。
 
 残された道は2つ勝つのみです。

 相手がブラジルだろうがびびらずがむしゃらに勝ちにいって欲しいです。

 実際のところ日本の技術レベルは

 予選リーグを突破できるだけのものはあると思います。

 本当の実力が出し切れていないと思います。

 何とか次戦に期待です!


 今日はここまでにします。


posted by マタリン at 01:17| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | World Cup | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

WorldCup開幕!


 とうとう4年に一度の祭典サッカーWorldCupがはじまりました。

 まさに今私は開幕セレモニーをみながら書いています。

 この1ヶ月は寝不足になること間違いなしです。(笑

 また新たな歴史が刻まれるので目に焼き付けておきたいと思います。


 最近サッカーというスポーツは著しいスピードでグローバル化しており

 世界的にレベルの差がなくなってきています。


 今回の優勝候補を並べていくと

 まずブラジルが一番手です。

 でも絶対ではありません。

 攻撃力は確かに他国と比べて圧倒的に抜けていますが

 バランスが前がかりになることが多くそこをつかれるかもしれません。


 イングランドも候補だと思います。

 ベッカムもいっていましたがイングランド史上最強だと思います。

 どのポジションも隙なくタレントをそろえており

 バランス的にはブラジルよりいいと思います。


 イタリアも強いです。

 イタリアに勝つことはいつの時代も困難です。

 伝統的に鉄壁の守りで彼らに勝つことはたいへんです。

 前回は不運な負け方?をしており

 そろそろ運が向いてくるのではないでしょうか。


 あと開催国ドイツもマークすべきでしょう。

 ホームの有利さに加えここ一番に勝負強い国です。

 こういう大会になるとゲルマン魂というか国が一つになって

 妙な強さを発揮します!

 運も持っている国で前評判が低くても侮れません。


 あとアルゼンチンも忘れてはいけません。

 というふうに挙げていくとキリがないです。

 どこが優勝するかは本当に紙一重で運も大きく結果を左右します。
 
 結果はまさに「神のみぞ知る」といったところでしょうか!


 今日はここまでにします。


posted by マタリン at 00:19| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | World Cup | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。